のぼりの形状について

様々な歴史の流れとともに呼び名や用途が変化して現在の用途になっていったのぼり旗ですがこの形状には形式がありました。

3世紀に登場し戦の際に使用されていたながし旗の形状の流れを受け継ぎ平安時代ののぼりには長さが一尺二寸、幅は二幅となっているものが基準でした。

Continue reading: のぼりの形状について

のぼりの用途について

のぼり旗の歴史や名前の由来に時は同じく今回はのぼりの用途の移り変わりについて話を進めていきたいと思います。

中国の歴史書である三国志の中の日本についての記述である魏書、魏志倭人伝では3世紀頃の日本の様子が纏められておりその中で女王、卑弥呼を敵陣から守るシンボルとして用いられた事が記されています。

Continue reading: のぼりの用途について

のぼりの歴史につて

のぼり旗は中国の歴史書である魏志倭人伝の中に登場する記述によると卑弥呼の為に戦った際のシンボルであった事が伺える記述があります。

元々は中国で同様の物が既に用いられておりこれを真似たとされており色や形も同じものだったとも言われています。

Continue reading: のぼりの歴史につて